「SOME(Z)UP」(サムズアップ)は、靴にまつわるトレンドをファッション、スポーツ、ライフスタイルの視点から発信するWEBメディアです

「ナイキ」×芸術家トム・サックスのコラボシューズが5年ぶりに登場


「ナイキ(NIKE)」は、アーティストのトム・サックスと開発した「ナイキクラフト マーズヤード2.0」を発表した。

このモデルのオリジナルが作られたのは5年前。

トム・サックスとNASAの科学者の交流にインスパイアされ作られたオリジナルシューズを改良し、この2.0モデルが生まれた。

アッパーにはより通気性が高いトリコットメッシュ素材を使い、熱がこもるのを抑えている。

アウトソールは、オリジナルモデルは砂漠のような火星の表面を歩くために作られていたが、今作は都会での着用に適するように凹凸を反転させたデザインを採用した。

中敷はメッシュ素材と、裸足での着用に最適なコルクの2種類。

使用される素材の多くは、染料を使わずに採用され、赤のプルタブやスウッシュにサックスらしさが表現されている。

サックスはこのシューズについて次のように述べている。

「人は、自分の傷跡を誇りにします。
だから、私はあえて素材を磨きあげないのです。
汚くなるまでシューズを履いて、『これが私の履いたシューズです。』と語ってほしいのです」

【商品詳細】


■商品名:ナイキクラフト マーズヤード2.0
■価格:2万2000円+税

編集部オススメの記事