「SOME(Z)UP」(サムズアップ)は、靴にまつわるトレンドをファッション、スポーツ、ライフスタイルの視点から発信するWEBメディアです

「SEAL」から使用済みタイヤチューブを再利用した10周年記念スニーカー


モンドデザインが展開するエコをコンセプトとした製品群をそろえる「SEAL(シール)」は、アッパー全面に“使用済みタイヤチューブ”を再利用したスニーカーシリーズから、ブランド10周年記念モデルを発表した。

大型トラック用の“使用済みタイヤチューブ”を粉砕などの特殊な加工はせず、素材本来の特徴である耐久性や防水性、素材感を生かしながらアッパー全面にリユース。

履いた時に足にフィットし、高い防水性により雨や雪の日などでも気にせず履け、汚れに強くメンテナンスもしやすい。

広島の老舗スニーカーメーカーでバルカナイズ製法を用いて、職人の手によって1足1足丁寧に製造されている。

6月15日から200足限定、10周年記念の特別価格で、公式オンラインショップ、東京・大阪・横浜のSEAL直営店で発売している。

SEALブランドでは、本製品を含め、環境保護団体に売上げの1%を寄付し、製品1つにつき1本の苗木を寄付するなどの取り組みを行っている。

【商品詳細】


■商品名:スニーカー301 BLACK MODEL
■価格:1万7500円+税
■サイズ:M(25~25.9cm)、L(26~27cm)、LL(27.1~28cm)
■公式ホームページ:http://www.seal-brand.com/
■商品詳細ページ:http://www.seal-store.net/?pid=119004913

編集部オススメの記事